Nao-ya

Exposition à expérimenter

"Le kimono dans tous ses états"

〜 une expérience sensorielle autour du kimono pour voir, toucher et jouer 〜

 Du 20 au 24 mai 2014
vernissage: le mardi 20 mai de 18h à 20h30

WORKSHOP Fabrication de sacs azumabukuro : le mercredi 21 14h-16h
                                                                             le samedi 24 14h-16h



Une exposition interactive qui vous invite à porter le kimono et à vous mettre en scène,
pour une expérience traditionnelle authentique.

Expression de la culture nippone, le kimono vous permet d'appréhender les différences culturelles vestimentaires en opposant les lignes droites japonaises (2D) aux courbes occidentales (3D).

Français comme Japonais, venez nombreux, amusons-nous tous ensemble !

- Exposition de kimonos sur le thème de la reconstruction.
- Projection du documentaire  "La dernière Geisha Minako-Le témoignage de Yoshiwara"
- Expérience de porter Kimono[workshop]
- Jeu de tôsenkyô "lancer d'éventails"
- Fabrication de sac azumabukuro avec tenugui (tissu en coton traditionnel)[workshop]

 Exposition de kimonos sur le thème de la reconstruction.
Projection du documentaire 
  Expérience de porter Kimono[workshop]
 Jeu de tôsenkyô Fabrication de sacs azumabukuro 
avec tenugui (tissu en coton traditionnel)[workshop]




Workshop: Fabrication de sac "Azuma bukuro"
le mercredi 21 14h-16h/ le samedi 24 14h-16h
participation 15€



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ projet  "Le kimono dans tous ses états"
proposé par
SAKATA Naoko 
tailleur à la japonaise NAOYA 

profil
Après des études en école d'art, a travaillé comme salariée à Tokyo,

1991  Diplômée de la section couture japonaise à l'école de Ushigome
     Etudie sous la direction de M. Masayoshi Miyamoto à Fukuoka

1997 Suit une formation professionnelle puis devient indépendante

1998 Participe à l'exposition "collection yoshihira - jeux de kimono"
2002〜    Organise l'exposition "ozabu" etc. et  des workshops
Depuis 2006   Vit à Tokyo, Sumida-ku.                                        
        représentant  de tailleur NAOYA - atelier de couture et salle d'exposition  




パリで日本のキモノを楽しむ

 見て、触れて、遊びを体験する5日間

2014年5月20日〜24日
 オープニングパーティ: 5月20日(火)18時〜20時半
ワークショップ 東袋作り : 21日(水)14時〜16時
                                         24日(土)14時〜16時

                                                                           



展示物を観覧するだけでなく、実演(着装して遊ぶ)事で、
直接 キモノの感覚を体験して頂きます。
  
西洋の曲線(立体)と日本の直線(平面)という衣服の違いを通して、
日本の文化を紹介します。日本の方も、フランスの方もぜひお越し下さい。
一緒に楽しみましょう。


復興着物の展示/ 
ドキュメンタリー「最後の吉原芸者 四代目 みな子姐さん-吉原最後の証言記録-」の上映
着付け体験〈ワークショップ〉
投扇興で遊ぶ
てぬぐいで東袋を作ります〈ワークショップ〉

詳細はこちらのサイトへ: http://naoyatic.exblog.jp/20412437/


〈ワークショップ〉てぬぐいで東袋を作ります 参加者募集
-21日(水)14時〜16時
-24日(土)14時〜16時

参加€ 仕上がった東袋はお持ち帰り頂けます。
材料、道具はこちらに用意してありますので
お気軽にご参加下さい。



 ◎「パリで日本のキモノを楽しむ」企画 立案実行者
坂田直子 仕立 直や 和服縫製業(さかたなおこ したて なおや わふくほうせいぎょう)
プロフィール
デザイン系短大を卒業後、東京にて会社員を経て
1991    牛込職業訓練校夜間部にて和裁科卒業
       福岡にて宮本正義氏に師事
1997    修行後、独立
1998 「着物あそび・よしひらコレクション展」参加
2002~   「お座布展」他、展・ワークショップ開催
2006~現在 福岡より東京墨田区へ居を移し活動中
       仕立 直や、ちくちくお針教室、直やのおうち・展示室 主催


復興着物
加藤孝之 石山染交 東京友禅師 (かとうたかゆき いしやませんこう とうきょうゆうぜんし)
プロフィール
1963 東京都中野区生まれ
1977 中学卒業後、田中種水先生に弟子入り
1986 石山染交に入社 
       ↓     
                都はるみ
      ↓    
           スーパー歌舞伎
      ↓
1994 リレハンメルオリンピック閉会式 長野PR
      ↓
1995 阪神淡路大震災2/1、東灘小学校で初ボランティア
 
1998 長野オリンピック開会式 聖火点火       
                      ↓
2004 中越地震/10/31、震源地の越後川口でボランティア
      ↓
2011 東日本大震災で4/1/に宮古市の宮古市立第二中学校でボランティア
      ↓    
5月にすみだの手しごと展でテーマ作品「復興」を
      ↓    
       6月にデザイン完成
      ↓
製作途中新聞社取材でちょっとヒントに
                      ↓    
        10月26日完成!
                      ↓       
  着物の経緯 2011.3.11の地震で空か見る津波の恐ろしさに驚た。
 車に支援物資と自分の食料等とガソリL灯L発電機、4輪バイクを積んだ。
 東北道は福島県に入って所々路面が荒れていて車が跳ねるようになった。
 ガソリンの量も制限付きで1時間半以上並ぶ状態。
 4月1日早朝宮古市の第二中学校に到着。この学校は高台にあるので選んだ。グーグルアースで確認。
 中高大学生がメインで活動していたのに驚き仲間に入れてもらい8日間一緒に活動しきました。
 帰って来てからすみだの手しごと展で復興と言うテーマで作品をと言う事になり、
 一ヶ月掛けてデザインを描きました。 宮古で出会った人たちの思いも込めて出来上がったと思ってます。

「最後の吉原芸者 四代目 みな子姐さん ー吉原最後の証言記録ー」ドキュメンタリー

安原眞琴 監督 立教大学講師(やすはらまこと かんとく りっきょうだいがくこうし)

プロフィール 
1967年、東京生れ。文学博士。女性。
主な研究対象:日本の中世・近世の文学、美術、文化。
講師:立教大学、法政大学、大正大学、NHK学園、東武カルチュアスクールなど。  研究員:天台宗総合研究センター、日本時代劇研究所など。
 著書:『『扇の草子』の研究ー遊びの芸文』(ぺりかん社年)、『超初心者のための落語入門』(主婦と生活社年)ほか。
  •