展示スペース詳細

規 約
ホール使用目的
  1. 会場は、日仏交流、日本文化紹介、日本人アーティストの展覧会、または利用者の国籍を問わず日本にまつわる作品制作を行なっているアーティストの展覧会を目的としたイベントの開催のための利用に限られます。

予約・支払い・キャンセル

  1. 会場の使用権は、下記の予約金を支払われた時点で成立します。申込者によるキャンセルが発生した場合、予約金は原則として返金できません。
  2. 使用料金から予約金を差し引いた残額は、会場使用開始日までにお支払い下さい。
  3. 特定の団体への勧誘や、マルチ商法の斡旋などを目的としたイベント、特定の宗教に基づく催し物、他団体、個人を誹謗・中傷する内容を含むもの、または当方に よりそれらの疑いがあると判断された場合は、ご利用をお断り致します。また契約後、イベント開催後でもそれらの疑いが発生した場合は、イベントを中止させ ていただきます。その場合、予約金は返金されません。また、使用料金を日割りに換算した額が、予約金を上回る場合は、実際に会場を利用した日数に応じてご 利用料金を徴収いたします。
  4. 申込者の違約以外の理由で、展覧会開催前に当方の事情により展示会をキャンセル場合は予約金をすみやかに返金致します。
  5. ホール使用権は、他人および他の団体等に転貸または譲渡することは、事前に当方からの許可がない限りできません。 
  6. ご予約の際は、展覧会開催希望日まで最低3カ月の余裕を持ってお申し込み下さい。

搬入・展示・搬出
  1. 作品、商品の搬入、展示作業、撤去は申込者が行ないます。当方による代行は致しません。但し、エスパス・ジャポンスタッフによる展示作業・片付けの補助、梱包後指定宅配業者への荷物の引き渡しは(着払いに限り)承ります。
  2. 搬入と飾り付けは原則として月曜日の13時〜19時(展覧会前日)または火曜日(展覧会初日)の10時〜13時、搬出は土曜日(最終日)18時〜時となります。
  3. 申込者による会場の使用時間は、開館時間内に限られます。ただし、展示物搬入・飾りつけ・撤去は上記の時間帯となります。(展示物は契約期間続けて設置されます)。
  4. 日本からの出展される作品・商品は展示会開催2週間前より会場宛に送付していただくことは可能ですが、万が一荷物が会場まで届かなかった場合、スタッフが空港やその他保管場所までとりに行くことは致しません。
  5. お荷物を送付される場合は、必ず事前にお知らせ下さい。また、送付時はお荷物のインヴォイスのコピー をメールにてお送り下さい。
  6. 閉館時間帯に、当方により展示物を一時的に移動させることがありますが、開館時間中には当方の責任で元の状態に戻します。
作品・展示物の販売、他
  1.   会期中の作品または商品の販売に際し、当方はコミッションを一切いただきません。ただし、作品・商品の売買は購入者と販売者(申込者)との間で直接行なわれることとし、販売によって得られた収益金を、一時的にも当方の口座にいれることはできません。
  2. 作品・商品の販売後にフランス政府または日本政府により税金の徴収があった場合は、販売当事者によって処理していただきます。書類に関しては、当方は会場利用料金などでお支払いいただいた料金の領収書以外は発行致しません。
  3. 申込者が会場に一時的に不在の場合は、当方による作品販売の代行が可能ですが、小物など販売展数が多い場合、もしくは「商品の販売」がメインである場合は必ず申込者が行なってください。作品と商品の別は、当方により判断させていただきます。 
  4. 当方は、展示期間中や輸送中の作品・商品の損傷、盗難、紛失には一切責任を負いません。万が一の場合に備え、保険への加入をお勧めします(任意)。
  5. オープニングパーティ(ヴェルニサージュ)の日程は、申込者と当方で相談の上決定しますので、必ずしも初日に開催しなければならいものではありません。
  6. オープングパーティ、ワークショップなどの日程の決定の際は、当方の各講座・教室のスケジュールが優先されますので、必ずしもご希望通りの日程を組むことができない場合があります。
  7. 契約期間中、単発的に別なイベントを開催することがありますが、事前にご通知若しくはご相談致します。(例:講演会、研修会、サイン会、食事会など。)


会場詳細






G1 - M1, M1  板を取り付けられますG1  板を取り付けない状態M1, M2用 S字フックM1, M2 画鋲利用可能G1 部分、スポットG1 部分、スポット
image - G1


壁面展示
・ギャラリー部分(G1)の壁( M1, M2 )は材木です。
 画鋲、虫ピンの利用も可能です。釘はご遠慮下さい。
 S 字フックをご利用いただけます。(十分な数を用意しています)
・それ以外の奥の部分( M3, M4, M5 )は全て白壁です。
 ピクチャーレールおよび透明ワイヤー(13本) フックがあります。
 画鋲、虫ピン、両面テープ、ガムテーム等のご利用はご遠慮下さい。
 作品は、かならず背面にフックをかけられる状態にしておいてください。


壁に板を取り付けて棚にした状態245 cm x 42 cm の板とキューブを利用した状態ドームのカバーを取り外した状態ドームのカバーを付けた状態キューブ
exposition domes-tables


台の設置
・入り口部分の木の壁には、棚を取り付けられます。(8枚有り)
 サイズ:奥行き20 cm、幅約2 m
・テーブル:組み立て式のもの
 板 68 x 138 cm  2枚(白)布の利用をお勧めします。
   75 x 150 cm  2枚(白)布の利用をお勧めします。
   145 x 42 cm     2枚(木目)
 脚 3組
・布 黒1枚、赤1枚
・キューブ(黒):38 x 34 x  38 cm 4つ
・円形展示ドーム:直径90 cm 。高さ約80 cm 。カバー付き。(3台有り)

★テーブル・台は、来館者の通行の邪魔にならない範囲でご利用いただけます。
サロン部分( S1 )の利用も可能です。
ホール中央( H1 )は、夜間や土曜日朝に講座で利用しますので、原則として台の設置はご遠慮いただいております。


salle d'expositions_kichen


キッチン
ホール内の左部分( C1 )には、キッチン+カウンターが設置されています。
展覧会で会場をご利用の方は、料理講座がない時間帯に限りキッチンをお使いいただけます。
(一般来場者へのキッチンの開放はしておりません)



  •